MENU

治 療 案 内

歯科について

むし歯や歯周病などの一般の歯科治療を行います。
また、正しい歯の知識の普及にも貢献していきたいと思っております。

歯周病

日本人の約8割近くは病状の差こそあれ、歯周病にかかっているといわれています。歯周病とは、歯と歯茎の間の歯周ポケットに細菌が繁殖し、歯茎や顎骨といった歯周組織が破壊されていく病気です。しかし初期段階では自覚症状がほとんどないため、気づいたときには重症化していることが多く、歯を失う危険性があります。
また虫歯の治療が必要な場合、歯周病が進行していると治した歯を長期間維持するのは困難になります。家を建てることを思い浮かべると、歯周病の治療はしっかりした基礎作りということになります。

歯周病の症状

歯周病の症状
・歯ぐきからの出血 ・歯ぐきの腫れ ・口臭 ・歯がぐらぐらする等が代表的な症状です。
歯周病の根本的な原因は“プラーク”(歯の周りに付着した汚れや細菌)です。歯肉が炎症を起こしてくると歯肉が腫れて、歯の周りの溝(歯肉溝)が深くなります。歯周病が進行し、歯を支える骨が溶けてゆくと、さらに溝は深くなっていきます。この病的に深くなった歯肉溝を歯周ポケットといいます。骨が溶けていなければ「歯肉炎」、溶けていれば「歯周病」と診断されます。

プラークは、毎日の歯磨き等で取り除く事が可能なのですが、実際には歯磨きの仕方が間違っていたりして完全に取り除けていないことが多く、プラークは時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない“歯石”になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除かなければドンドン歯周病が進行してしまいます。

“歯石・プラーク”を歯科医院で除去し、再び付着しづらくする治療法を“スケーリング&ルートプレーニング”といいます。歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていないプラークを歯科医院で除去することによって炎症がおさまっていき、歯周ポケットの深さも浅くなるので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。
場合によっては歯周外科手術も行います。

歯周病菌は、歯周組織の破壊だけではなく、「脳梗塞」「心臓病」「糖尿病」などの全身疾患を引き起こすことがわかってきました。
その多くは炎症を起こした歯周ポケットから侵入するといわれています。見た目だけではわからない歯周ポケットですから、定期的に歯科医院でのチェックをうけ、健康な体を維持しましょう。

当院では、症状に応じてレーザーを併用しながら治療を進めていきます。

口腔外科

高度な技術を要する抜歯手術、口腔粘膜やあご骨の外傷、炎症、顎関節の治療を行います。
インプラント治療もこれに属します

親知らずについて

俗に言う「親知らず」とは、第三大臼歯、または、智歯とも言い、前から数えて8番目の歯です。
上下顎左右に4本あって、ちゃんと噛んでいる人もいますが、人類では第三大臼歯の退化傾向が著しいようです。全く生えてこない人や、顎が小さく、第三大臼歯が途中で第二大臼歯の後で横たわっていたり、ねじれていたり、完全に骨の中に埋伏しているのを見かけます。
顎の奥の方にスペースがないと、上の方へ真っ直ぐ生えてきません。横たわったまま、上に歯肉が覆い被さり、食べ物の残渣物がたまりやすく、ブラッシングしにくくなり、虫歯になりやすくなります。そして、手前の歯にも虫歯を作りやすくなります。
また、疲労や他の病気などで体の抵抗力が落ちた時に歯肉に炎症が起こって、腫れ上がる場合が多く見受けられます。ひどくなると、顎下リンパ腺まで炎症が波及していきます。この場合は、抗生剤などや鎮痛剤などを投与して、炎症がおさまってから抜歯した方が良いでしょう。

このような可能性があることを考慮すると、痛くなくても早めに抜いておく方が良いでしょう。

親知らずの抜歯

簡単な場合には普通の歯を抜くのと同様にすぐ抜けますが、歯の大部分が骨の中に埋まっていたり、歯と骨が癒着していたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると抜くのにもかなりの時間を要することもあります。

顎関節症について

顎関節症の症状

1.開口時に顎の関節付近から雑音がする
2.顎に痛みがでる
3.口が大きく開けられない
4.顎が外れやすい(顎関節脱臼)
5.上顎と下顎の前歯部の正中がずれる(顎の偏位)
6.肩こり
7.自律神経失調症

顎関節症の原因

1.口腔顔面領域の関節と筋の機能異常により起こる場合
2.全身の筋骨格系の機能不全によるもの
3.上下が顎間距離が短い場合その他発育異常、外傷(骨折)、炎症、不良冠,不正咬合、変形性関節症、歯ぎしり、ストレスによる場合もあります。

顎関節症の治療法

顎関節症で最も多く用いられる治療用具がスプリントです。
スプリントとは個人の歯型に合わせた2~3mm程度の薄いシリコーン製で、マウスピースのようなものです。夜これをを噛んで寝ます。

スプリント
(マウスピースのようなもの)

スプリントを装着したところ

不正咬合の場合は、矯正による治療をおこないます。(矯正歯科参照)

炭酸ガスレーザー治療

当院では、生体に無害で、さらにほとんどのケースで麻酔を必要としない炭素ガスレーザーを採用しています。
レーザーは、痛みを和らげ、歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くします。
初期の虫歯や、知覚過敏、口内炎の治療を行うことも出来ます。

また、歯ぐきの黒ずみを除去したり、歯を白くするホワイトニングなどの特別な処置にも使われます。