MENU

治 療 案 内

インプラント

インプラント治療は、失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎(あご)の骨に埋め込み、その上に人工の歯を製作して噛み合わせを回復する治療法です。 固定式であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

歯を無くした部分の治療法としては他に、義歯(入れ歯)やブリッジといった方法があります。

義歯の利点と欠点

利点
作るのに時間がかからない、保険内の治療で作れる。

欠点
違和感がある。取り外して使う必要がある、食物が入りこむ、部位によっては金属が見えてしまう、自分の歯に比較して噛む力が激減する、硬いものが噛めない。

ブリッジの利点と欠点

利点
作るのに時間がかからない、保険内の治療で作れる、取り外さないで使用できる。

欠点
健康な歯も削らなければならない場合がある、部位によっては金属が見えてしまう、硬いものでも噛めるが、土台となる歯に過剰な力がかかってしまう。(大きな負担がかかる)

インプラントの利点と欠点

利点
取り外す必要がない、違和感が少ない、硬いものでも噛める、審美的な回復が可能、自分の歯のように、左右バランスよく噛むことができる 。

欠点
治療費が高額、時間がかかる、手術が必要。
インプラントといっても利点ばかりではありません。しかし義歯やブリッジの欠点を補えるのはインプラントが最良の治療法かと思います。
歯を無くしてしまう一番の原因は歯を無くしたことでおこる噛み合わせのバランスが崩れてしまうことです。特に義歯では噛み合わせたときに歯ぐきに沈み込んでしまうため義歯側でしっかり噛むのは困難です。唯一このバランスを回復させることができるのがインプラントなのです。

インプラント治療の流れ

1診断

模型、レントゲン、口腔内診査を行ない、その結果をもとに治療計画を立ててご説明します。

2インプラント手術

歯がない所へインプラントを埋め込みます。手術当日は静かに過ごしてください。1週間程で抜糸をします。その後はいつもどおりに生活していただいて結構です。
あごの骨にしっかりと結合するまで、2~3ヶ月待ちます。その後、被せるための準備をします。

3人工歯の取り付け

インプラントの上に土台を取り付けて、その上に人工歯をかぶせます。
今まで歯のなかったところに歯が入るので最初は違和感を感じることがあります。
なれるまでは、仮歯でのリハビリテーションが必要になることもあります。

4メインテナンス

期間はお口の中の状態によって異なりますが、3~6ヶ月に一度メインテナンスをします。

インプラント治療の症例

症例1 下顎臼歯部欠損

治療前は奥歯がなく、義歯がうっとうしかった。
治療後は、焼肉がおいしく食べられるようになり、大変喜んでいます。(60才男性)

治 療 前

上 部 構 造 取 付 直 前

治 療 後

完成時 レントゲン写真

症例2 臼歯部1歯欠損

1本失った歯のために隣のきれいな健康な歯を削りたくなかった。
治療後は、自分の歯のように、何でもおいしく食べられるので嬉しい。(35才男性)

治 療 前

上 部 構 造 取 付 直 前

治 療 後

症例3 上顎前歯部1歯欠損

歯が破折して抜去しました。
隣の歯を削らずに治療でき、満足しています。(35才男性

治 療 前

治 療 後

症例4 マグネット義歯

インプラントを用いた磁石により、ガタツキがなくなり、安定感を得ることができます。

治 療 前

義歯の安定が悪い

治 療 後

インプラント埋入後のレントゲン写真

義歯の内面にマグネットを取り付けたところ。