qa_01

顎関節症の症状

1.開口時に顎の関節付近から雑音がする
2.顎に痛みがでる
3.口が大きく開けられない
4.顎が外れやすい(顎関節脱臼)
5.上顎と下顎の前歯部の正中がずれる(顎の偏位)
6.肩こり
7.自律神経失調症

顎関節症の原因

1.口腔顔面領域の関節と筋の機能異常により起こる場合
2.全身の筋骨格系の機能不全によるもの
3.上下が顎間距離が短い場合その他発育異常、外傷(骨折)、炎症、不良冠,不正咬合、変形性関節症、歯ぎしり、ストレスによる場合もあります。

顎関節症の治療法

顎関節症で最も多く用いられる治療用具がスプリントです。
スプリントとは個人の歯型に合わせた2~3mm程度の薄いシリコーン製で、マウスピースのようなものです。夜これをを噛んで寝ます。

スプリント
(マウスピースのようなもの)

スプリントを装着したところ

不正咬合の場合は、矯正による治療をおこないます。(矯正歯科参照)